ローソンのコーヒーがまずいと思う理由を考えてみました・・・。

先日、ローソンのコーヒーがリニューアルしたということで試しに飲んでみましたが、残念ながら正直美味しいとは思えませんでした・・・。

そこで、今までローソンのコーヒーがまずいと思う理由を考えてみました。

 

ローソンのコーヒー

ローソンのコーヒーはマチカフェとして販売されています。

多くの店舗は店員がコーヒーを入れてくれるので楽ですが、この店員がコーヒーを入れること自体にメリットもデメリットも生まれていると思います・・・。

 

コーヒーを店員が入れるメリット

ローソンのコーヒーを店員に注文し、店員に入れてもらう事のメリットは、客は注文して待つだけで良いことです。

マックなどと同じように注文して出来上がるまで待つだけなので、注文も簡単です。

ですので、客側としてはメリットが大きいです。

 

コーヒーを店員が入れるデメリット

ローソンのコーヒーを店員が入れるデメリットとして、店員側が忙しいということ・・・。

店員がコーヒーを入れている間にレジ客を待たせるという悪循環が生まれます・・・。

コンビニ店員自体レジ対応などに忙しいのに、コーヒーを入れる手間を考えたらメリットは考えられません・・・。

例えば、1杯コーヒーを入れるために1分店員が作業と止めるとしたら?1時間当たり何人の客が利用するのか?例えば30人利用したら30分だけ店員の作業時間が消えるわけです・・・。

ですので、デメリットは店員側、店側に負担がかかってくることでしょう・・・。

 

こだわりを持つローソンのコーヒー

ローソンでは、コーヒーを定期的に産地にこだわった豆で提供する期間があります。

数量限定で提供するのですが、イマイチ管理人の口には合わない感じです・・・。

もちろん、限定豆なので価格も割高ですし・・・。

 

ローソンを利用する機会

管理人がローソンを利用する機会は、他にコンビニがない場合、ついでに利用する場合のみです。

わざわざローソンのコーヒーが飲みたくて足を運ぶことはありません・・・。

悪く言うと仕方なく利用するといった感じです・・・・。

 

ローソンのコーヒーの味

普段利用できるローソンのコーヒーの味はなんか独特な味な気がします・・・。

以前のローソンのコーヒーの味は酸味が強いコーヒーでしたし、新しくリニューアルしたコーヒーの味はスッキリしたのですが、なんか惜しい味です・・・。

マクドナルドもコーヒー商戦の中でリニューアルしましたが、マクドナルドの方がまだ美味しく飲めると思います。

 

管理人が好きなコーヒーの味

ローソンのコーヒーが嫌いではないのですが、もう少し美味しくなってくれるともっと利用したくなるはずです。

ちなみに管理人が好きなコーヒーの味はセブンイレブンのコーヒーです。

セブンカフェはセルフですが、あのマシンが手早く美味しいコーヒーを入れてくれるんですよね。

ローソン頑張れ!